今ならお好きな2講座で49,500円(税込)!

整理収納アドバイザーは意味ない?【片付け方法だけならネットでOK】

まるママ
まるママ

整理収納アドバイザーについて調べると、意味ない!役に立たない!っていう記事をよく見かけるんだけど、本当?

しかくママ
しかくママ

“片付ける方法が知りたい人”には意味ない資格

だけど、

”片付けられる人になりたい人”には意味ある資格です。

ちょっとややこしいから、整理収納アドバイザー1級の私が詳しく説明するね!

整理収納アドバイザーの資格は、”片付けられる人になるための資格”です。

片付けられる人とは、

  • 散らかしたモノをもとに戻せる
  • 必要なものしか買わない
  • 使っていないものを処分できる

そんなスキルの持ち主のこと。

もしこれから先、「どうやって片付けたらいいのか…」と悩むことをやめたいなら、整理収納アドバイザーの資格を取る意味はあります。

一方、「今汚い部屋をキレイにする方法が知りたい」と思っているだけなら、資格講座ではなくセミナーや本を読むだけで十分。

まるママ
まるママ

片付けの方法ではなく、片付けの理論を学ぶのが”整理収納アドバイザー資格”なんだね。

しかくママ
しかくママ

そう!

理論に基づいて片付けるとリバウンドしない部屋づくりができるよ。

また、整理収納アドバイザーと言っても級によって学ぶことが違うの。

”整理収納アドバイザー”と聞くと1種類の資格のように聞こえますが、実際は3級から1級まであり、級によって学ぶ内容とできることが違います。

取得の目的と対応する級は次の通り。

  • 片付けられる人になりたい人→初級の講座(3級・2級)
  • 家の効率的な収納システム作りをしたい人、他人に片付けの方法を教えたい人→準1級
  • プロの整理収納アドバイザーになりたい人→1級

自分の目的とする勉強をすることで、より効果的に資格を活かすことができます。

 

✔︎この記事でわかること

  • 整理収納アドバイザーの各級の目的と、勉強する内容
  • 資格取得に向いている人・向いていない人

この記事を読むことで、整理収納アドバイザーについて”自分の目的にあった選び方”ができるようになります。

せっかく取得した資格を意味あるものにするために、ぜひ読んでみてください。

 

\完全在宅で2級+準1級まで取得できる/

生涯学習のユーキャン

整理収納アドバイザーの目的と内容(級による違い)

整理整頓、片付けられた部屋

”整理収納アドバイザー資格”には3級から1級まであり、級によって学ぶ内容とできることが違います。

整理収納アドバイザーの級 学習内容 取得後できること
3級
  • 特定の場所の片付け方法が学べる
  • 実用的なスキルを学ぶ
特定の場所の片付け
2級
  • 片付けの基礎理論(整理収納メソッド)が学べる
  • 具体的には、”基本的な整理の考え方”、”具体的な整理の方法”、”実践的な収納のコツ”
リバウンドしない片付け
準1級
  • 整理収納メソッドを使った具体的な片付け方法について、ステップを踏んで学べる
  • クライアントへの片付けを促すためのスキルが学べる
効率的な収納システムの作成、他人への片付けの働きかけ
1級 ※受験のみ プロとしての活動
しかくママ
しかくママ

どれも整理収納の理論をもとにした講座です!

私は、整理収納アドバイザー講座を受講する前から片付けに興味があって色々な本や動画を見たのですが、結局リバウンドを繰り返していました。

しかし、この整理収納アドバイザー講座で

  • 「何が原因で散らかっているのか」
  • 「どうすればも度に戻らない片付けができるのか」

などの理論を学んでからは、リバウンドしない片付けができています。

つまり”片付けられる人”になるためには、必須の知識だということ。

 

▼片付けられなかった時期は常にこんな感じ。引越しを機に整理収納アドバイザー資格を取りました。(アフターは上の写真)

片付けられない汚部屋

 

整理収納アドバイザー資格取得を取るべき人は?

整理収納アドバイザー3級取得に向いている人

整理収納アドバイザー3級取得に向いているのはこんな人です。

  • 特定の場所を片付けたい。
  • 片付け理論に基づいた方法が知りたい。
  • 比較的安く整理収納メソッドが知りたい。
  • 在宅・短時間で取得したい。(受講時間は3時間)
  • 整理収納アドバイザー資格とはどんなものか雰囲気を知りたい。

テーマは講座ごとに異なり、例えば以下のようなものがあります。

  • 家族・実家の整理入門
  • 防災備蓄収納
  • 整理収納基本の3ステップ
  • 時間の整理術
  • クローゼットの片付け   など

3時間の受講で試験もなく「整理収納アドバイザー3級資格」が取得できるので、SNSのプロフィールに記載したいという人にもピッタリ。

しかくママ
しかくママ

整理収納アドバイザーは、片付け資格の中でもいちばんメジャーな資格だよ!

逆にこんな人には向いていません。

  • 収納術・具体的な収納方法が知りたい。
  • たくさんあるモノをキレイに収納したい。
  • 本格的に整理収納アドバイザーの勉強がしたい。

 

整理収納アドバイザー2級取得に向いている人

整理収納アドバイザー2級取得に向いているのはこんな人です。

  • モノを捨てられるようになりたい。
  • 本格的に整理収納メソッドを学びたい。
  • 片付け理論を知り、ガッツリ部屋を片付けたい。
  • ズボラな性格に嫌気がさしている。変わりたい。
  • 「どうやったら片付くんだろう…」ともう悩みたくない。
  • 短期間で取得したい。(受講時間は6時間、オンラインも可)
  • プロの整理収納アドバイザーを目指している。(2級取得後に準1級が受講可能)

2級はかなり本格的に基本の整理収納メソッドを学びます。

この講座で「自分はなぜ今まで片付けられなかったのか」がわかるので、「そうだったのか…!」と衝撃を受ける受講者多数。

片付けが苦手・だらしない性格に悩んでいる、などのネガティブな気持ちを変えたいなら、2級講座を受講して片付けマインドになることをオススメします!

しかくママ
しかくママ

ちなみに講師の熱い話やテーマについてのディスカッションもあるので、モチベーションを上げるなら対面受講がいいですよ〜。

ただし、ズボラな性格自体は変わりません…(ズボラな性格のまま、片付けられるようになります。)

 

ちなみに受講費用が結構高い(対面・オンライン受講で24,700円)ので、不安な方はユーキャンの通信講座
テキストだけ購入して様子を見る、という方法もあります。

 

一方、こんな人には向いていません。

  • 2級資格を仕事に活かしたい。
  • あまり費用をかけずに勉強がしたい。
  • 整理方法などをこれまで独学で勉強している。
  • 整理の理論よりも収納術や、収納方法に興味がある。

これまで整理方法などを勉強したことある方は、「これなら知ってるわ」と思う講座かもしれません。

ただし整理収納の基礎について順を追って解説してもらえる講座なので、これまでにかいつまんで得た知識をまとめたい方などは受講するとスッキリしますよ。

また、2級資格のみだとプロの整理収納アドバイザーとして活動することができません。

プロを目指すならこの上の準1級講座の受講、1級試験への挑戦まで考えてからの受講をおすすめします。

しかくママ
しかくママ

ちなみにプロになってからもすぐに仕事がくるとは限りません…。

マーケティングなどのスキルも必要となってくるので、稼ぐまでにはかなり高い壁があると覚えておきましょう。

 

整理収納アドバイザー準1級取得に向いている人

整理収納アドバイザー準1級取得に向いているのはこんな人です。

  • 具体的な片付け方法が知りたい。
  • 効率的な収納術や収納システムが作りたい。
  • 家族に片付けてもらうように働きかけたい。
  • 2級の内容だけだと自分には片付けることができなさそう。
  • プロになるためにより深い整理収納の知識を身につけたい。

準1級では、整理収納メソッドをもとに、より具体的に片付けの方法を学びます。

そのため、「理論だけ教えてもらってもどうしていいかわからない!」「具体的なやるべきことを知りたい」という人は、2級に続けて取得するのがベストです。

しかくママ
しかくママ

片付けスキルを生活に役立てたいなら、準1級の取得までで十分!

自分の家だけでなく、実家や友達の家までも片付けられるようになっています。

ユーキャンの通信講座では2級・準1級までをまとめて勉強でき、添削問題の提出だけで資格取得が可能です。

【費用の比較】 ハウスキーピング協会講座 ユーキャン
2級 24,700円(税込) 49,000円(税込、一括払い)
準1級 36,300円(税込)

※準1級まで取得するなら、ユーキャンの方が12,000円割安です。



一方、こんな人には向いていません。

  • あまり費用をかけずに勉強がしたい。
  • 自分で、理論を活かした収納アイデアが思いつく。
  • 他人への片付けの働きかけは勉強する必要がない。

インスタグラムやピンタレストなどを見てると、たくさんの整理収納術を見つけることができますよね。

勘がいい人であれば、そのような写真を眺めるだけで、2級で学んだ整理収納メソッドをもとに「自分の家に応用できそう」と新しいアイデアが浮かびます。

また、準1級では”他人に片付けてもらうためのスキル”を学ぶことを重点的に学習します。

そのため自分の家だけ片付けられればいい人は、準1級はオーバースキルでしょう。

しかくママ
しかくママ

実家の片付けなどに困っている人は、準1級のスキルがあると役に立ちます。

 

整理収納アドバイザー1級取得に向いている人

整理収納アドバイザー1級取得に向いているのはこんな人です。

  • プロの整理収納アドバイザーになりたい人

1級は、準1級講座受講後に試験に合格すると取得できます。

1級資格を取得することで「整理収納アドバイザー」と名乗ることができ、プロの整理収納アドバイザーとしての仕事をすることができます。

しかくママ
しかくママ

名刺にも、

”整理収納アドバイザー 資格ママ”

って記載できます!

 

一方、こんな人には向いていません。

  • プロの整理収納アドバイザーにならなくてもいい人

受験にもお金がかかります。

また、1次試験は筆記試験ですが、2次試験は実際に他人のお宅の片付けをした結果(整理収納理論に基づいて行ったか?の確認)をプレゼン方式で発表する、という結構ヘビーなものです。

整理収納アドバイザー1級は、プロになりたい人だけが取得すれば良い資格ですね。

 

まとめ:「片付けられる人になりたい」なら取得の意味あり

  • 整理収納アドバイザー資格は、「今部屋を片付けたいだけの人」には意味ない資格。
  • 整理収納アドバイザー2級は、整理収納の原理を学んでリバウンドしない片付け方法を知りたい人には意味あり。
  • 整理収納アドバイザー準1級は、整理収納の原理を使った具体的な収納方法や、他人への片付けの働きかけスキルを学びたい人には意味あり。
  • 整理収納アドバイザー1級は、プロになりたい人のみ、取得の意味あり。

整理収納アドバイザーに向いている人/向いていない人、ピンときたでしょうか?

整理収納アドバイザー資格って情報が少ないので、「高いお金を払ったのに思ってたやつと違った…!」という人から「意味ない」って思われてたかもしれないですね。

この資格取ってよかった!と思えるように、自分の目的にあった種類の資格を選んでくださいね。

しかくママ
しかくママ

整理収納アドバイザー1級を取ったのに仕事がない!資格の意味ないじゃん!っていう件に関しても、別記事で解説します。

記事がお役に立てば嬉しいです♪

タイトルとURLをコピーしました