【FPが解説】キャリカレのFP講座|良い点悪い点と評判の分かりやすいまとめ

まるママ

資格のキャリカレのFP講座ってどんな感じ?
評判はいいのかな。

しかくママ

キャリカレFP講座の良い点とイマイチな点、
わかりやすくまとめてみました!

FP3級・2級に一発合格したしかくママです。

キャリカレFP講座は、できるだけ安くリスク少なく受講したい人にはとっても魅力的な講座ですが、受講前にチェックしておきたいデメリットもあります。

そこでこの記事では、キャリカレFP講座の良い点と悪い点をわかりやすく解説。

実際に受講した人の評判についてもまとめましたので、キャリカレFP講座が気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

\割引キャンペーン続々/

キャリカレ FP講座
目次

キャリカレ2級・3級FP技能士合格指導講座をザックリ確認!

キャリカレ
出典|キャリカレ

まずはキャリカレFP講座の概要です。

キャリカレでは、FP講座はこれひとつしかなく、2級3級対策がセットになっています。

国家資格であるFP技能士の試験は、3級取得が2級の受験資格となりますので、順番に取るのが一般的。

キャリカレFP講座ならひとつの講座の購入で済むのでコスパがいいです。

講座名2級・3級FP技能士合格指導講座
(資格のキャリカレ)
教材の内容テキスト6冊
映像講義
一問一答(スマホ)
問題演習1冊
実技演習1冊
模擬試験1冊
添削問題1冊
標準学習期間3か月
合格率非公表
質問無制限(無料)
サポート・手書きの添削指導
・不合格の場合は全額返金
・合格したら2講座目無料
・キャリアコーディネーターによる就・転職サービス
サポート期間1年間
費用50,700円 → 40,700円 / 月々1,960円〜
(税込、※ネットからの申込の場合)
資格試験<3級>
●主催団体:日本FP協会、金融財政事情研究会
●受験資格:なし
 ※詳細は日本FP協会のホームページで確認
●試験日:年3回(例年1月/5月/9月)
●受験料:学科試験:3,000円、実技試験:3,000円
●試験科目:
・学科試験:60問120分、マークシート式
・実技試験:50問60分、マークシート式
●合格基準
・筆記試験:満点の6割以上の得点で合格
・実技試験:満点の6割以上の得点で合格

<2級>
●主催団体:日本FP協会、金融財政事情研究会
●受験資格:次のいずれかに該当する者
・日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
・3級FP技能検定の合格者
・FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者
・厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
 ※詳細は日本FP協会のホームページで確認
●試験日:年3回(例年1月/5月/9月)
●受験料:学科試験:4,200円、実技試験:4,500円
●試験科目:
・学科試験:60問120分、マークシート式
・実技試験:50問90分、記述選択式
●合格基準
・筆記試験:満点の6割以上の得点で合格
・実技試験:満点の6割以上の得点で合格

では続いて、通信講座各社のFP講座料金とを比較してみます。

FP講座の料金比較

FP通信講座の受講費用

多くの通信講座でFP技能士の取り扱いがあります。

級によって講座が分かれているものや、キャリカレのように2級+3級セットのものがあります。

自分が目指す級を確認して、料金比較しましょう。

通信講座料金
スタディング2級+3級セット:31,900円
2級:29,700円
3級:4,950円
アガルート2級+3級セット:32,780円
キャリカレ2級+3級セット:40,700円
ECCビジネススクール2級+3級セット:59,800円
フォーサイト2級+3級セット:60,800円
TAC2級+3級セット:108,000円
3級:15,800円
クレアール3級:9,800円
ユーキャン2級:64,000円
たのまなAFP+2級:65,500円

キャリカレは2級+3級セットで4万円台と比較的安い価格設定です(誰でも使えるWeb割適用後)。

さらにキャンペーンを適用することで、最大2万円の割引価格になり、最安で受講できることも…!

キャンペーンは様々あり、ほぼ毎月開催されていますので、公式サイトは必ずチェックしてくださいね。

>>>

キャリカレFPの特徴|良い点&イマイチな点

キャリカレ

次にキャリカレFP講座の特徴を、良い点とイマイチな点に分けてまとめました。

メリットだけじゃなくデメリットも把握して検討することで、「思ってたのと違った」ということにならないのでオススメです。

事前に講座の内容をしっかり確認しておきましょう!

キャリカレFP講座のイマイチな点2つ

最初にキャリカレFP講座のイマイチな点からお伝えします。

  • 合格者数を公表していない
  • テキストが物足りない

ひとつひとつ説明していきますね。

イマイチな点①:合格者数を公表していない

キャリカレ
出典|キャリカレ

キャリカレでは合格者数や受講者数を公表していません。

そのためキャリカレの教材を使った人がどの程度合格しているのか分からないところが不安な点。

ただし、Twitterや公式サイトに合格している人の声もあり評判も良く、ちゃんと学習できる講座なのでそこまで不安にならなくても大丈夫。

しかくママ

私もキャリカレで勉強したことがありますが、
分かりやすいしっかりした教材ですよ。

また、FP講座は不合格なら全額返金対象の講座。教材に自信があるからこそのサービスです。

イマイチな点②:テキストが物足りない

キャリカレ
出典|キャリカレ

キャリカレFP講座は映像講義を中心に、紙のテキストも利用して学ぶスタイル。

ただ紙のテキストのボリュームが少なく、やや物足りないという声がありました。

動画がとても充実しており、分かりやすくサクサク進められましたが、反面、動画が良すぎたのでテキストが物足りなく感じてしまいました。

キャリカレFP講座 口コミ・レビュー

確かにキャリカレでは出るとこに絞ってテキストを作成しているため、全体的にボリュームが少なめです。

そのためテキスト中心に勉強したいという人にはあまり向いていない教材と言えるでしょう。

実績重視・テキスト中心に学びたいなら、がオススメです。

キャリカレFP講座の良い点6つ

続いてキャリカレFP講座の良い点6個を紹介します。

  • 不合格なら全額返金
  • 合格なら2講座目無料
  • 映像講義がわかりやすい
  • 質問は何回でもOK
  • 添削問題で講師とやりとりできる
  • 返品OK

ひとつひとつ説明していきますね!

良い点①:不合格なら全額返金

キャリカレ
出典|キャリカレ

キャリカレFP講座は、万が一不合格の場合、受講料を全額返金してもらえます。

全額返金があることで、受講料を無駄にすることなく難関資格にチャレンジできるので、受講するハードルがぐっと下がりますね。

ただ全額返金を受けるには下記のような条件があります。

  • 支払いの遅延がないこと
  • サポート期間内に添削課題を全て終了していること
  • 添削課題の平均得点率が70%以上であること
  • 受験前に受験票のコピーを提出していること

勉強しないで「返金お願い」というのはNGなので、しっかり勉強した上で添削課題を提出する必要があります。

ちゃんと学習した上で、万が一の場合は返金してもらえるよう準備も怠らないようにしましょう。

良い点②:合格なら2講座目無料

キャリカレ
出典|キャリカレ

キャリカレでは難関資格を突破したお祝いとして、2講座目を無料でプレゼントしてくれるサービスがあります。

これはキャリカレ独自のサービスで、好きな講座ならほぼなんでも受講OK。

つまりまるまる1講座分の受講料が無料になるとってもお得なサービスなんです。

もちろんキャリカレFP講座は、”合格したら2講座目無料”の対象講座ですよ。

しかくママ

関連資格を取るもよし、趣味の資格を取るもよしですね♪

良い点③:映像講義がわかりやすい

キャリカレFP講座の講師は、FP試験に精通した常山慶三講師です。

抑揚がついたメリハリのある授業でかなりわかりやすい!テキスト読み上げるだけの映像講義とは違います。

テキストを読むだけだとなかなか頭に入ってこない人でも、講義を聞くことで理解しやすく、記憶に残りやすくもなります。

映像で学習したい人はぜひいちど常山講師の授業を見てみてください。

良い点④:質問は何回でもOK

キャリカレ
出典|キャリカレ パンフレット

キャリカレの講座では、質問は無制限でOKなのも大きなメリットのひとつ。

他社では質問を受け付けていなかったり、あっても回数制限があったりする中で、無料で無制限の質問受付サービスは良心的です!

質問専用のフォームがあるので、手軽に気軽に聞くことができるのもいいですね。

また回答も早くて丁寧と好評なので、疑問に思うことがあればどんどん質問していきましょう!

しかくママ

合格後でもサポート期間内なら質問OKなのもありがたいところです。

良い点⑤:添削問題で講師とやりとりできる

キャリカレ
出典|キャリカレ パンフレット

キャリカレでは学習の仕上げに添削問題を提出しますが、添削問題の丸つけと解説は専任のスタッフ直筆。

通信講座だとどうしても自分だけで勉強しているという孤独感を感じがちですが、講師やスタッフとのやりとりがあるのでモチベーションも上がります。

また、受講生ごとに作成してもらえる学習スケジュールで添削問題の提出期限が決まっているので、学習進捗管理にも役立ちますし、ひとつひとつ順番にクリアしていくごとに達成感を得ることができますよ。

しかくママ

添削問題の提出は返金条件にもなっているので、必ず行いましょう。

良い点⑥:返品OK

キャリカレ
出典|キャリカレ パンフレット

通信講座では、購入までテキストの中身が見れないことがデメリットのひとつですが、キャリカレは教材の返品がOKとなっています。

しかも開封後でも返品を受け付けてくれるため、中身をしっかり確認後に返品しても大丈夫。

ただし下記のような返品条件があるので、確認してから開封しましょうね。

  • 教材到着から8日以内の消印まで有効
  • 教材と同封している全てのものを返送する
  • 汚れ、折れ、書き込み、破損等がないもの
  • DVD・付属キットは未開封

>>>

キャリカレFP講座の評判

では実際にキャリカレのFP講座を受講している人の感想をまとめてみました。

悪い口コミは少なく、わかりやすいとの口コミが多かったですよ!

実際に合格した人の口コミ

しかくママ

学科と実技どちらも合格すると「完全合格」なんですね!

テキストのボリュームが丁度いい

この方は、テキストが薄い方が「やりやすそう」と感じているようです。

確かに最初から分厚い参考書だとそれだけでやる気なくなっちゃいそうですもんね。

しかくママ

自分にもできる!と思えるような教材なんですね。

添削問題が郵送のみなのが面倒

キャリカレFP講座の添削問題は郵送で送るタイプのため、切手代や手間がかかってしまうのが難点。

WEB添削対応の講座もあるので、自分で選べるようになったらもっといいですよね!

しかくママ

郵送タイプの添削では先生の手書きメッセージがもらえるので、
モチベーションUPなどいいこともありますよ!

テキストがわかりやすい

キャリカレ講座のリピーターさんからです!

「キャリカレの講座は凄い」とのことで、やはり解りやすく理解しやすいのが人気のようですね。

しかくママ

ポイントが押さえられているテキストだから、
効率的に学べますよ。

キャリカレFP講座に向いているひと・向いていないひと

キャリカレFP講座の特徴から、キャリカレFP講座に向いている人・向いていない人をまとめました。

キャリカレFP講座に向いていない人

まずは、キャリカレFP講座に向いていない人はこんな人。

  • 通信講座は、合格率や受講者数などの実績を確認してから受講したい
  • 情報量多く、隅々まで勉強してから試験に臨みたい
  • 3級もしくは2級の単独講座を受講したい

キャリカレ最大のデメリットが、合格者数などを公表していないことです。

実績を重視して選びたい人は、他の通信講座をおすすめします。

また効率的に学べるようテキストは重要ポイントに絞ってまとめられています。

もっとたくさんの情報を収集して、隅々まで覚えてから試験を受けたい方もキャリカレのFP講座には向いていないでしょう。

キャリカレFP講座に向いている人

次にキャリカレFP講座に向いている人はこんな人です。

  • できるだけ安く受講したい
  • 映像講義を使って勉強したい
  • 簡単で分かりやすいテキストがいい
  • 万が一の時の返品や返金が可能なものがいい
  • 試験に合格したらお祝いがもらえる講座だと嬉しい
  • 質問や添削など、双方向のやり取りができる講座がいい

キャリカレのFP講座は、2級と3級がセットになっており、キャンペーンなど割引やクーポンを利用することで、どこよりも安く受講することもできます。

またテキストは初心者にもわかりやすい作りで、特にFP講座では映像講義にも力を入れており、合わせて学習することで記憶に定着しやすくなっています。

また万が一不合格の時には全額返金も可能ですし、合格すれば好きな講座がひとつ無料で受講できるお祝い制度も付いているので、ノーリスクハイリターンで学べる講座と言っていいかもしれません。

まとめ:キャリカレFP講座は手軽に始められます

サマリー

キャリカレFP講座の特徴について、良い点とイマイチな点に分けてまとめてみました。

個人的にはキャリカレのテキストは初心者向きの分かりやすいものですので、少し勉強から離れていたママや、本を読むのが苦手…という人には勉強しやすい講座だと思います。

また合格したら2講座目無料というのが、とってもやる気が起こります!

キャリカレでは難関資格から趣味の資格まで全部で150以上の講座があり、気になる講座がたくさん!その中から1講座を無料でもらえるなんてお得すぎです。

FP技能士の資格取得を考えている人は、ぜひキャリカレの教材もチェックしてみてくださいね。

しかくママ

記事が参考になれば嬉しいです♪

\割引キャンペーン続々/

\このサイトで使っているテーマ/

目次
閉じる